ページの先頭へ

JAPAN FUR ASSOCIATION 一般社団法人 日本毛皮協会 公式サイト

twitter facebook

平成29年度事業計画

JFAマーク

JFAマークは、一般社団法人 日本毛皮協会の加盟社のみが販売する製品に付けることができる
「信用」「信頼」、そして「安心」を表すマークです。

JFAファーデザインコンテスト2017の開催

作品制作における入選者と加盟社との共同作業により製品化することにより、デザイン・技術の向上、集積や継承を図り、日本の毛皮産業の底上げに資することを目的として、「JFAファーデザインコンテスト2017」を実施する。
また、海外研修及び国際コンペティションへの参加を通じて、世界へ通じる人材育成の一助に努める。

セミナーの実施

毛皮の種類や加工方法等の基礎的な知識の習得を目的とした国内の教育機関等への出張セミナー「素材加工セミナー」を実施し、日本の毛皮産業の基盤強化を図る。

平成29年度「素材加工セミナー」開講

ザ・ファーディ・プロジェクト2017の実施

11月20日の「毛皮の日」を広く一般に普及させ、国民的な社会行事に発展・定着させることによって毛皮の普及を図ることを目的として、様々な販売経路を通じて、毛皮製品を販売する。

アクターズ・プロジェクトの実施

毛皮の普及を目的として、「アクターズ・プロジェクト」を実施する。
テレビ番組への衣装貸出や視聴者プレゼントに毛皮製品を提供し、メディアでの露出を高め、消費者に訴求する。

鑑定技術・品名統一委員会

消費者保護を目的として、毛皮製品の損傷要因の追求や素材鑑定に関して、定期的に委員会を開催し、的確なる処理を行い、加えて、鑑定の科学的な裏付けを強化すると同時に技術の向上に向けて、基礎資料の収集を図る。
又、毛皮素材の表示指針である「毛皮素材の品名表示に関する規定」の見直しやより良い表示を検討し、毛皮製品の信頼確立に努める。

国際問題委員会

国際毛皮連盟を始めとする海外の毛皮諸団体及び関係者との友好や交流を深め、国際親善に寄与する。
又、国際条約の遵守や指導をベースに、地球規模での環境保全に向けて、世界の環境保護団体と密接な交流を図る。

哲学・倫理委員会

動物から得られる“毛皮”という素材を扱う者、業者、業界としての哲学及び倫理を、広く一般に公開し、理解を得て、“毛皮”の普及が進むことを目的とする。

財務・総務委員会

社会情勢等に目を配り、継続的で安定的な協会運営のため、健全な財務状況に努める。

地球環境保全・保護運動の推進

地球温暖化対策のための国民運動に賛同し、COOL CHOICE 事務局からの情報を周知し、毛皮を活用した冬季の省エネルギー対策を推奨する。

その他

各号に掲げている他、協会の目的を達成するために必要な事項を実施する。