毛皮の種類

写真

シルバーフォックス

銀キツネのことで、赤キツネの突然変異種。現在は、すべて養殖。毛丈は長毛に属し、刺し毛は長く銀色と黒色がある。その割合によって全体的に白っぽいものと黒っぽいものがあるが、黒と銀が鮮明なものほど良質とされる。染色すると、銀色の毛だけが染まり、黒色の部分はそのまま残る。

写真

ブルーフォックス

青キツネのことで、そのほとんどがスカンジナビア産。フォックスの中では最もシルキーな毛質を持つものの1つで、毛皮衣料として最も活用されている種。自然色がグレー系の淡い色のため染色が容易で、多くの色を表現することができる。コートに合わせて染色するなど、トリミングに活用されることが多い。青キツネの色の薄い物をシャドーフォックスと言う。

写真

レッドフォックス

赤キツネのこと。南米を除く全大陸に分布するが、生息地によって品質に大きな差がある。一般的に、良質のものほど、鮮明で赤味を帯びたオレンジ色をしている。中でも火のように赤い色をしたカムチャッカ産のものは、ファイヤーフォックスと呼ばれ、良質とされている。

南欧が原産だが、家畜化したものが世界各地で見られる。フランス名ラパンも一般的。毛色の種類が多く、それぞれの種類毎に名称が付けられている。代表的なものは、シロウサギ(白色)、チンチラウサギ(灰青色)、ゴマウサギ(灰褐色)、ゴールウサギ(淡褐色、ベージュ色)、クロウサギ(黒色、黒褐色)、ブチウサギ(上記各色の一部分に異なる色が混じっている)。特殊な種類として刺し毛が退化した綿毛だけのレッキス種や、毛足の長いアンゴラ種がある。刺し毛が柔らかく、折れたり切れたりし易い性質があるが、刈毛処理をすると、その欠点が解消される。耐久性はやや低いが、染色が容易なことに加えて、比較的安価なため利用範囲は広い。

レッキスラビット

レッキスラビット

外側の毛が退化し、綿毛のみになったレッキスラビット。柔らかく、肌触りはチンチラのように、柔らかくてフワフワ。

チンチラウサギ

チンチラウサギ

写真

チベットラム

チベット産のラム。毛の短いモンゴリアンラムの変種で、毛足は非常に長く、カールした綿毛が特徴。もともと錦綿羊(にしきめんよう)はヤギの毛皮を加工したものだが、チベットラムを代用したため、日本では錦綿羊ともいう。染色して使用されることが多い。

写真

チキャンラム

中国産のラム。毛は、緩やかなウエーブ状でシルキー。大半が白色のため、染色が容易で非常に多くの色を正確に表現することが可能。

写真

カラクールラム

カラクル種のラムの総称。ペルシャンラムあるいはアストラカンとも呼ばれる。毛色は黒色が大半で、他にグレー、茶、白色がある。巻き毛の形状により様々な美しい斑紋が見られるのが特色。巻き毛の形状、毛足の長さなどにより、タイプ別に分類され、特に毛足が短く軽量なタイプのものは、ブロードテールと呼ばれている。

ダーク

ダーク

バイオレット

バイオレット

パステル

パステル

ホワイト

ホワイト

デミバフ

デミバフ

ブルーアイリス

ブルーアイリス

サファイア

サファイア

ブラッククロス

ブラッククロス

綿毛が密生しているため保温力に優れ、光沢に富んだシルキーな刺し毛は耐久性もあり、衣料用として優れた特質を備えている。1931年に最初のミューテーションミンク(突然変異種ミンク)が出現して以来、それまで濃褐色しかなかったミンクに豊富な色の種類が加わり、現在では約40種が生産されている。また、染色も容易で、非常に多くの色を正確に表現することができる。

ヌートリア

ヌートリア

アルゼンチン原産の大型げっ歯類。滑らかで柔らかい褐色の綿毛と、薄茶色の硬くて太い光沢のある刺し毛がある。抜毛あるいは刈毛して使われることが多い。染色で多くの色を表現することができる。
鏡のような光沢が上品さを演出。触った感じはとてもシルキーで、シェアード(刈毛)ミンクに似ています。

 

セーブル

セーブル

日本名黒テン。ロシア(シベリア地域全域、カムチャッカ、および養殖種を含む)で生息するセーブルは、ロシアンセーブルと呼ばれ、毛皮の中でも最高の品質を誇り、最も高価な素材のひとつ。生息地域及び固体により、毛色、毛質にかなりの差があるが、色は濃茶色からベイジュに近い色まで様々である。(最も濃い茶色は養殖種に多い。) なかでもところどころに白い刺毛が混じったものはシルバリータイプ (silverly tipe)と称され、希少価値が高いとされている。やや長い毛足で非常に柔らかくしなやかで光沢に富む。軽く、しかも耐久性・保温力に優れている。アメリカやカナダで産出されるマーテンは、品質ではやや劣るものの、ロシアンセーブルに似ており、それぞれアメリカンセーブル、カナディアンセーブルとも呼ばれている。黒褐色に染色されて用いられることも多い。

チンチラ

毛皮の中でも肌触りの良さが抜群の最も高価な素材の一つ。元来アンデス山脈で生息していたが、現在毛皮用に使われているのはすべて養殖種。刺し毛は退化し、非常に滑らかで柔らかい綿毛のみで構成され、毛の密度も非常に高い。皮は軽いが、極めて薄くデリケートで耐久性は低い。毛色は、背の部分が青黒色から黒褐色、腹部は青灰色。

チンチラ
キャット

リンクス

野生ネコの一種で、日本では大ヤマネコと呼ばれる。毛は長く密で非常に柔らかい。背の部分は、淡い褐色に暗褐色の斑点模様がある。腹部は白く、暗褐色の斑点が鮮明で美しい。大半の毛皮とは異なり、リンクスは腹部の方がその美しさのため価値が高く、重用される。リンクスキャットは、リンクスに似ているが、リンクスに比べて小型で、毛はやや短いが、斑点はより鮮明。

リス

リス

世界各地に分布しているが、最良のものはロシア産のもので、鮮明なブルーグレーの背部に白色の腹部を持つ。毛は短く柔らかい。非常に軽いためコートのライナーに使われることも多い。

セーブルやオポサムと同様、全く別の2種類があり、生産国を付けた呼称が付けられている。

ラクーン

アメリカンラクーン
カナディアンラクーン

アライグマ科
学術名:Pricyon loter Linn
えさを水に浸して食べることから、日本ではアライグマの名称がある。毛色は、緑褐色から黒褐色。やや長い刺し毛と暗褐色の綿毛で保温性、耐久性に優れ、タヌキに似ている。尾にあるリング状の斑紋が特徴で、デビークロケットの帽子に使われたことで有名。

ラクーンの表記に関しての注意事項

タヌキ

タヌキ

イヌ科
日本、中国、ロシア、韓国が主な産地。かつては、日本の北海道、東北産のものが良質とされ、さかんに輸出されていたが、現在、日本産のタヌキは、鳥獣保護法の対象であり、輸出をする為には、原産地証明書の提出が必要。生息地域により毛色、毛質が多少異なるが、一般的に刺し毛は強く長く、黒、茶色、クリーム色がまじりあっている。綿毛は、黄褐色で、やや長く、シルキーで密度もやや良い。毛丈は、長毛に属し、耐久性・保温性に優れる。抜毛してシルキーで密度の高い綿毛だけで使われることもある。また、刺し毛は、筆毛としても活用される。

ラクーン

チャイニーズラクーン

ラクーン

フィンラクーン

左:ブリーチ / 右ナチュラル

イヌ科 / 学術名:Nyctereutes procyonoides
フィンラクーン、チャイニーズラクーン、ロシアンラクーン、コリアンラクーンは、産地名が付けられたタヌキの養殖種。毛皮素材の表記をする場合、タヌキ(チャイニーズラクーン)等、「タヌキ」を必ず併記しなければならない。(参照リリース) 刺し毛は強く長く、黒、茶色、クリーム色がまじりあっている。綿毛は、黄褐色から灰褐色で、やや長く、シルキーで密度もやや良い。毛丈は、長毛に属し、耐久性・保温性に優れる。タヌキに比べ、黒い刺し毛部分と綿毛部分とのコントラストがより鮮明である。ナチュラル(自然色)で、フード周り等トリミングに用いられることが多い。また、ブリーチ(脱色)をして、用いられることもある。

アメリカン・オポッサム

アメリカン・オポッサム

北アメリカからアルゼンチンまで分布するフクロネズミ。綿毛がクリーム色で、灰褐色の霜降り状の刺し毛がある。毛足は長めのものから短めのものまであり、自然色で使われることが多い。

オーストラリアン・オポッサム

オーストラリアン・オポッサム

オーストラリア及びニュージーランドで生息。通常オポサムと呼ばれているが、南北アメリカ大陸に生息する全く別種のアメリカンオポサムと区別するため生産国を付けた呼称が用いられている。日本名をフクロキツネと言う。色は、深い青灰色、あるいは茶褐色で、縮れた毛に特色がある。