Fur of the Year

ファーファッションの向上と毛皮の普及を目的として、様々な分野で活躍され、
外面のみならず内面共に「最もファーが似合う人」「毛皮を愛して頂ける方」を選考し、
「FUR OF THE YEAR」として、日本毛皮協会が表彰するもので、2004年から創設された賞です。

※当ホームページに掲載されている画像・動画等の無断転載はご遠慮下さい。

第9回

菊川怜さん

菊川怜さん
PROFILE

1978年生まれ、埼玉県出身。東京大学在学中、98オスカーグラビアグランプリ受賞。女性ファッション誌「Ray」の専属モデルを経て、女優デビュー。第27回エランドール賞新人賞受賞。昨年より、「情報プレゼンターとくダネ!」の女性司会者に就任。

選考理由

大学在学中よりファッション誌のモデルデビューし、卒業後は、その知性溢れた爽やかな美貌で女優、教養番組、ニュースキャスター、エンターテイメント番組と幅広くご活躍され、正に毛皮のような優雅で柔らかい感触・心地良さが感じられること。

第8回

土屋アンナさん

土屋アンナさん
PROFILE

1984年3月11日生まれ、東京都出身。モデル・アーティスト、女優としても活動。主演映画に『さくらん』。出演作に『茶の味』『下妻物語』『嫌われ松子の一生』『どろろ』『パコと魔法の絵本』『ヘブンズ・ドア』『カムイ外伝』。 現在『パナソニック』『ライオン』『EDWIN』『レヴール』『マンダム』CMオンエアー中。
オフィシャルサイト http://anna-t.com

選考理由

自由奔放で、あるがまま。なのにチャーミングで気品もある。土屋アンナはそんな他の誰にも置き換えられない独特のキャラで時代の象徴と言える存在。そして、そのキャラは毛皮の新たな魅力ともリンクしている。

第7回

上戸彩さん

上戸彩さん
PROFILE

1985年東京都出身。1997年国民的美少女コンテストの審査員特別賞受賞後、女優デビュー。2003年ゴールデンアロー賞最優秀新人賞受賞等、女優として数多くの受賞歴を持つ。4月28日公開の「テルマエ・ロマエ」では、ヒロインの真美役にて出演。

選考理由

ドラマ、CM、映画でのご活躍はもとより、デビュー以来の親近感や清潔感に加え、大人の雰囲気を醸し出され、これから毛皮を着て頂きたい方であること。

第6回

米倉涼子さん

米倉涼子さん
PROFILE

1975年神奈川県出身。ファッション誌等で、トップモデルとして活躍後、女優デビュー。「黒革の手帖」から始まる松本清張シリーズでは、重厚感ある演技を披露。

選考理由

躍動感ある彼女の魅力は、毛皮の持つ“しなやかさ”に通じるところがあり、さらに自然体でありながら気品のある彼女の存在感は、毛皮本来の美しさと気高さを、より一層魅力的に引き立ててくれる。

第5回

黒木メイサさん

黒木メイサ
PROFILE

女優・歌手 沖縄県出身。2004 年主演舞台でデビュー。以来、舞台を中心に活動をするほか、2009年4月にはアルバムで CD デビューを果たす。

選考理由

彼女の力強いまなざしと佇まいは、毛皮の持つ力強さに通じるものがあり、また、年齢を感じさせない凛とした美しさとクールさは、毛皮の魅力を十分に引き出し、毛皮をまとうに相応しい方のため。

第4回

男性部門 魔娑斗さん

魔娑斗
PROFILE

人気と実力を兼ね備えたK-1ファイター。「K-1 WORLD MAX」で2003年、08年の世界王者に。タレント・俳優としてもテレビドラマ、映画、CMなど幅広く活躍、若者のファッションリーダー的存在でもある。

選考理由

魔裟斗さんの持つ「強さ」と「精悍さ」?は、他を寄せ付けない崇高さが有り、毛皮の持つ気高さと優しさに相応しいこと。


女性部門 水野美紀さん

水野美紀
PROFILE

1990年デビュー。「踊る大捜査線」「サラリーマン金太郎」ほか、テレビドラマ、映画、舞台、CMなど出演多数。アクションもこなし、プロ級の腕前の写真から執筆活動まで多才。

選考理由

彼女のアクションで鍛えたしなやかさは、毛皮の持つ真の美しさに通じ、また舞台・映画・執筆など躍動感ある活躍は、毛皮の魅力を十分に引き立たせてくれること。

第3回

男性部門 成宮寛貴さん

成宮寛貴
PROFILE

1982年生まれ。2000年宮本亜門氏演出の舞台でデビュー。2002年には、シリーズ化されている日本テレビ系の連続ドラマ「ごくせん」に出演。2005 CRYSTALLIZED STYLE AWARD(主催 SWAROVSKI)」を受賞するなど海外のハイブランドからモデルとしての引き合いも多い。

選考理由

2005年、将来有望な新人俳優に贈られる「第29回エランドール賞新人賞」を受賞、俳優として高い評価をえられていること。 “成宮カット”と呼ばれる個性的な髪型をはじめ、ファッションに対して確固たるスタンスを持ち、ファッションリーダーとして注目されていること。


女性部門 田丸麻紀さん

田丸麻紀
PROFILE

1978年生まれ。2003年NHK 「帰ってきたロッカーのハナコさん」に出演後、女優として数々のテレビドラマや映画に出演。また、CMやバライティ番組にも活躍の場を広げている。

選考理由

2006年「2007年イヤージュエリーイメージリーダー」2007年「第5回パーカッシオ美脚大賞」20代部門受賞等、数々の賞を獲得され、ファッションリーダーとして活躍されていること。美しさに加え、屈託のない明るさは、多くの人々を魅了して止まないこと。

第2回

石川亜沙美さん

PROFILE

1977年生まれ。1990年「第4回全日本国民的美少女コンテスト」モデル部門賞受賞以来、CM、ファッション雑誌、ショーなどモデル業界No1のトップモデルとしてご活躍。2002年女優宣言の後、数々のドラマにご出演。

選考理由

「第47回 FEC モデル・オブ・ザ・イヤー」に選出されたり、数々のコレクションに出演するなど、モデルとして高い評価を得られていること。CMや女優業などご活躍の場を広げられていることです。受賞の年にご結婚、2007年第一子をご出産。お母さんになっても、スリムなボディはそのままです。

第1回

荒川静香さん

WEBサイト

荒川静香
PROFILE

1981年生まれ。2004年世界選手権優勝。2006年トリノオリンピック金メダル。2006年5月にプロ宣言をし、本人プロデュースのアイスショー「フレンズ・オン・アイス」や「クリスマス・オン・アイス」、また国内及び海外のアイスショーを中心に、テレビ出演、コラム連載、チャリティーイベントなどさまざまな分野にも精力的に挑戦している。プリンスホテル所属。

選考理由

2004年3月の世界選手権で優勝し、ファッション業界でも注目されているスポーツ分野でのご活躍が期待されていました。その後、2006年にはトリノオリンピックで金メダルを獲得されました。代名詞ともなった“イナバウアー”を初め、柔らかい体を生かしたしなやか滑りは、美しく品格があります。