Fur of the Year

第6回

米倉涼子さん

  


第6回ファーオブザイヤーを受賞された女優・米倉涼子さん。

2010年11月18日(木)の授賞式当日に行われた、米倉さんとJFA 中村友昭理事長との

対談の模様をお伝えします。

中村: この度は「第6回ファーオブザイヤー」の受賞おめでとう

     ございます。いまの率直なお気持ちをお聞かせください。

米倉: どうもありがとうございます。ファーというとゴージャスで

     高級感があって、なかなか手が出せないような世界

     ですから、この賞に選んでいただいて嬉しいです。

中村: いまお召しいただいているのは(賞品として贈られた)

     リンクスのジャケットなのですが、これは毛皮の女王と

     いわれている素材です。米倉さん、とてもよくお似合いですね。

     プライベートではファーをお召しになったり、ファーの小物を

     お使いになったりされますか?

米倉: 全部がファーのものというのは最近あまり着なくなりましたが、

     たとえばレザーのもので部分的にファーが使われているもの

     や、内側がファーになっているものなどは着ますね。それからバッグなどの小物も結構好きで、毎年何かしらファーの

     グッズは買っています。最近は靴でもファーが使われたものがよくありますね。

中村: ええ、最近はファー素材のグッズがかなり増えてきていて、年齢層も幅広くなっています。米倉さんはいろいろな方の

     憧れの存在でもあるので、ぜひとも率先してファーを着用していただきと思っております。

     米倉さんはファッションモデルとしてご活躍されていたこともあり、抜群のプロポーションをお持ちでいらっしゃいます

     が、服選びのポイントなど教えていただけますか。

 米倉: 自分のスタイルや好きなものももちろん大切にしていますが、私の場合はファンの人たちの前に出るようなお仕事

     なので、常に自分が好きだと思うものだけでなく、人の意見に耳を傾けるようにしています。それから最近インターネット

     通販が流行っていて、それも素敵だなとは思いますが、やっぱりちゃんと見て手にとって「あ、これいいな」と思うものを

     買うようにしています。

中村: 普段はどんなスタイルが多いですか?なにをお召しになってもお似合いになりそうで、ちょっと羨ましい感じもしますが。

米倉: そんなことないですよ。私は背が高くて骨格もしっかりしているので、すごく大柄にみえてしまいがちなんです。

     いつも風を切って歩いてるね、って言われちゃう(笑い)。だから大きく見えすぎないように気を付けてます。

     普段は黒っぽい服が多いのですが、「これだけ」って決めないでその日の気分でいろいろです。ポップなカジュアル

     だったり、コンサバなスタイルをしたり、パンクっぽく遊んでみたり。あ、それから移動が車なので、シワが目立たない

     素材を選びます。

 中村: 米倉さんは連続ドラマから映画、舞台などジャンルの異なるお仕事をこなしていらっしゃいますが、特に切り替えの

     コツなどはありますか。

 米倉: うーん……私は「こんなお仕事がしたい」というような目標に向かってやっているのではなく、巡り合わせていただいた

     お仕事を一生懸命にやるという姿勢です。

     ですからひとつひとつのお仕事に100パーセント気持ちを入れて臨むというのがコツといえばコツなのかもしれません。

中村: 今度、舞台では「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラを演じられますね。ある意味で女性の憧れのキャラクターだと

     思いますが、どんなスカーレットを目指していらっしゃいますか。

米倉: 私からははるか遠いキャラクターなので、まだ全然分からないですけれど。歩き方とか作法とか、そういうことで自分の

     性格をちょっと変えられたらいいな、なんて思っています(笑い)。

中村: 最後にもうひとつお聞きします。いろいろな毛皮製品が世に出ていますが、たとえば「こんなものに毛皮を使ったら

     いいな」などアイデアがありましたら教えてください。

米倉: そうですね、毛皮というとボリュームのあるイメージなので、もっとシャープなものがあったらいいかな。

     シャープなイメージの羽織ものとか、それだけでさらっと着られるようなものがあったら素敵だなと思います。

中村: なるほど。今日はどうもありがとうございました。

米倉: こちらこそ、ありがとうございました。

 

※当ホームページに掲載されている画像・動画等の無断転載はご遠慮下さい。